最近の傾向

今月は勝ち負けが交互にやってきて、なかなか連勝が出来ず苦戦。釘の状況が厳しいというのもあるが、どうにも精神的に安定しないのが一番の要因。日によって打つのが苦痛に感じる。うつが原因だとは思うが、以前は今よりもっとうつが酷いときでもこんな風に苦痛に感じることはなかったので、ストレスの感じ方が昔と変わってきている。

そんな中、このところ勝率がいいのは甘デジの烈火の炎。一番成績が安定する。なら毎日打てばいいではないかというところなのだが、釘的には少々厳しくなってきていて、回りムラがかなりありそれなりにストレスが。ゲージは悪くないのでワープの釘がもう少しアイていれば楽なのだが。この機種は20回そこそこでも打てる。

その次に勝率がいいのは意外だがマックスタイプの牙狼FINAL。まあそれほど回数を打ったわけではないが、通っている店のフルスペックの中では比較的釘がマシな方で、出るときに大きいので結果を見るとなんとかなっている。そんなわけでむしろ甘デジよりもフルスペック打った方が安定するかなと思ったぐらいなのだが、さすがに400分の1を毎日打つ気にはなれない。ST突入率が51%というのは厳しい気もするが、時短が100回つくので思ったほどは怖くない。

逆に狙い続けて成績がついてこないのが花の慶次~琉。ST突入率が100%、一度STに入ってしまえば出玉も多いので有利かと思ったのだけれど、これがなかなか。ST回数100回というのは確変中の確率を考えるとやっぱり少ない。なので、STスルーというのがやたらと多い。16ラウンドの出玉が多いので出るときは出るのだが。

回りは足りているのに使えないのは新アレジン。ツイッターで楽勝と書いている人がいたが、なかなかどうして、投資額が増える割には埒が明かないということが多い。一旦右打ちになると速いというのはあるが、印象としては回転率に結果がついてこない、波が荒い。

まあとにかく、打てる機種が限られてて今月は苦労している。最近の選択は甘デジも含めて確変(ST)突入率が高くて出玉が多いもの、という傾向なのだが、ST機種の場合はST時の継続率がかなり重要。右打ちの時間比率をいかに上げるかというところ。

--------------------------------------

烈火の炎(甘デジ)スペック

大当たり確率:1/99.9
高確率:1/43.7
賞球数:3&2&8&10&12
カウント:9カウント
ラウンド数:4ラウンドor10ラウンド
ST突入率:100%
ST回転数:60回転
大当たり継続率:約75%
時短回転数:0回転or30回転or60回転(ST回転を含む)

【ヘソ入賞ラウンド振り分け】
潜伏確変:20%
4ラウンド確変(初回のみ電サポなし):30%
4ラウンド確変(電サポ30回転):45%
4ラウンド確変(電サポ60回転):5%

【電チュー入賞ラウンド振り分け】
4ラウンド確変(電サポ60回転):70%
10ラウンド確変(電サポ60回転):30%

プロっぽい

通っている店に、プロっぽい若い女性の常連客がいる。

何故プロっぽいのかというと、いつも箱を持って打っている、つまり持ち玉で打つ、持ち玉で粘る、打ち切るという基本の立ち回りが出来ているから。彼女の立ち回りの特徴は、特定の数機種に絞っていること。その辺もプロっぽい。

だが、プロではなくあくまでも「プロっぽい」になってしまっているのは、僕が打てないと判断した釘でも打っているから。どうやら釘よりもスペック重視、あるいは好きな機種に絞っているようだ。それでもほとんどいつも箱を持って打っているのは、少なくとも僕よりはヒキは強いようだ。

だから、僕が今日は打てる台がないな、どうしようと思った日などは彼女の立ち回りは参考になる。だが、ある意味、特定の機種で出るまで打つ、というのはひとつの側面においてはプロの立ち回りに反しているとも言える。プロの立ち回りというのは釘重視、回転率重視に徹するべきだというのが僕の持論であるから。

しかし、極論を言えば結果を出し続ければいいのである。その意味では、傍から見ると彼女は結果を出し続けているように見える。正確なところは分からないが。

彼女の立ち回りは昔の一機種ひとシマという時代であれば間違いではない。いわゆるジグマの立ち回りである。しかし、今の時代、特に甘デジのシマなどは一機種一台という並びがほとんどだから、こういう立ち回りはあまり効果的でない。つまり、一台しかないから釘がシマればそれまで、持続性がない。

だが、店というのはそれほど頻繁に釘を叩かない。ある程度までシメるとそのまま放置する、つまり滅多にアケ返さない。その意味では、万年釘でもある程度の回転率がある(ゲージが甘いなど)の場合は狙い続けることにもそれなりの意味はある。だがしかし、それは「それなり」の域を出ないことも確かではある。しかしながらそこはそれ、店全体が渋い状況になってしまったら所詮それなりの台を打つしかなくなるわけで、打つ台のクオリティレベルをいかに維持するかという意味では特定の機種を追い続けるのはやはり「それなり」ではあるが意味があるかもしれない。

と、この先も続きの持論を書きかけたのだが、やたらと長文になりそうなので今日はこの辺で。

竜王伝説その後

今日は業務に行ってないが、実を言うと竜王伝説を打って先日来まだ負けていない。実は甘いのか? 出玉の少なさとゲージが気になっていたのだが。前回書いた記事から訂正すると、左側の寄り(通常ならヨロイ釘になっている部分)が釘ではなくてプラスティックになっていたのに気づかなかった(笑)。盤面に光が反射して。あと、プラスティックが黒いので。どうりで左側の釘少ないわけだし、ストロークにあまり気を使わなくていいわけだ。なので、寄りに関しては分かりやすいが(風車周りだけ見ればいいので)、やはりゲージとしては風車―ヘソ間が厳しいとは思う。なんだか知らないがやたらと連チャンする。今のところ。それと回りムラもそうだがあまり回らないのでハマる気にもなれない。その辺も勝ち続けている要因のひとつ。

竜王伝説3を打ってみた

とうとうアレジンが打てない程度の回りになったので、今日は甘デジの竜王伝説(確変70%の方)を打ってみた。寄りはそれほど悪くないがヘソは少々覚束ない。というか、この台、釘云々以前にゲージが悪過ぎて球の軌道が安定しない。簡単に言えば、左側の釘が少な過ぎるのと、風車からヘソまでの距離がある厳しいゲージ、それにワープの位置もよくない。そんなわけなので回りムラがきつく、そういう意味ではストロークにあまり神経を使わなくて済むというか、神経を使ってもあまり意味がない。

500円で潜伏を引いて7連、それからすぐに10連だか12連だかしたのでよく分からないうちに楽に勝ってしまった。右打ちしている時間の方が長かったので、クオリティは定かではないが、恐らく回りは平均すると足りていないのではないかと思う。ま、ボーダー低いのでそれでも打てると言えば打てるが。

昔の竜王伝説が好きだったので今回のはどうも通常時の演出過剰のような気がしないでもないが、右打ち時はシンプルでよい。玉減らないし。なんといってもこの台はゲージが悪い。それにつきる。それと出玉少ない。

CR竜王伝説3 V99スペック

確率(高確率)
1/99.8(1/14.25)
 
時短
すべての大当たり終了後30回
 
確変突入率
70%
 
内訳
[ヘソ入賞時]
16R確変(下) 4%
6R確変(下) 15%
16R確変(上) 4%
実質12R確変(上) 4%
実質9R確変(上) 7%
実質6R確変(上) 12%
突然確変 23%
6R通常(下、電サポ30回) 30%
[電チュー入賞時]
16R確変(下) 5%
6R確変(下) 30%
16R確変(上) 4%
実質12R確変(上) 4%
実質9R確変(上) 8%
実質6R確変(上) 11%
突然確変 8%
6R通常(下、電サポ30回) 30%
 
賞球
3&3&10&6&7
 
大当り時推定出玉
16R(下)×9C×7=780発
6R(下)×9C×7=290発
16R(上)×8C×6=570発
12R(上)×8C×6=430発
9R(上)×8C×6=320発
6R×8C×6=210発

今月の平均稼働時間

3.78時間。確かに、大体毎日2時過ぎには帰宅してるもんな。労働時間としては、普通の人の半分以下か......。母親のことが気になって、どうしてもこれぐらいになる。ちなみに、今月はまだ一日も休んでいない。

アレジンのここまでの成績は3勝2敗と、かろうじて勝ち越している程度だが、ツボに嵌れば一気に出るので、案外となんとかなる印象。もちろん、回ればの話。もうちょっと長時間打てればな。後は釘がいつまでもつか。

アレジンをまた打ってみた

10時過ぎに行ってみたら(こっちは9時開店)、またしてもアレジンのシマが無人だったので釘を見てみると、どうも同じっぽい。というか、最近歳のせいか記憶力が怪しくなってきた。タテの比較をするほどの記憶力がない。いずれにせよ、ある程度は回るだろう。というわけで、今日も同じ台を打ってみた。

今日は30回まで行かない。29回ぐらい。平均すると28回前後かも知れない。ストロークのせいもあるのか。寄りは変わっていないが、ヘソ右を一叩きぐらいもしかしたらしたのかも。

で、2回目の当たり(1回目は恐らく確変)が18連チャン(実質19連チャン)して、あっという間に10箱半出た。うーん、昨日とのこの違いはなんなのだろう。波荒いなあ。まあ本日はこれがすべて。結局その後うだつの上がらぬ展開で8箱半まで減らしてヤメ。実働4時間弱。

出るときは速いというのは分かった。いずれにしてもゲーム性が面白いかというと微妙。ひたすら作業している感じ。回るから打っているだけ。感覚としては、最低でも26・7回は回らないと辛いだろう。

30回のアレジンを打ってみた

開店30分後ぐらいに到着すると、昨日入ったばかりの新台、新アレジンを誰も打っていなかったので打ってみた。近ごろの新台にしては珍しく、7台ばかり導入。一通り釘を見て、一番いい端台に座る。ヘソは盤面の左、こういう権利モノっぽい釘はヘソと寄りが密接しているので分かりやすいし得意としている。実際、長い道釘がないので、カタとかの釘をぐしゃぐしゃにしていない限り、基本ヘソ周りで店も調整する。

打てるとは思っていなっかったのでスペックも昨夜ネットでちらっと見た程度、確変が70%ちょっと、潜伏が結構な割合があること、等価ボーダーが確か23回ぐらいと最近の台にしては案外と厳しいというぐらいのうろ覚え。台の上においてあるアンチョコを見てみたが、振り分けとかスペック全然書いてない。こういうときはただのデジカメとして持ち歩いているiPhoneがネットに繋がったらなあと思う。

撃ち始めてみると回る。平均しても30回を超えるぐらい。30回回る台打つなんていつ以来だろう。記憶にないぐらい、何年かさかのぼらなければならない。で、5時間半ぐらい打って30回当たり、で、2箱半て......。しょぼすぎだろ。結果この界隈の最低時給ぐらいの時給。30回回る台でこれかよ、って感じ。帰宅してネットでもう一度調べてみると、よく分からないで打っていたが、12ラウンドでも通常あるんだ。で、右打ち突入の確変の振り分け率低過ぎ。これではボーダー厳しいはず。賞球15個なので出玉は結構あるのだが、如何せん、潜伏多過ぎ。とはいうものの、これだけ回る台を久々に打つとストレス自体はそれほどないので、釘同じだったらまた打つかな。シメられてたら金輪際打たない、という感じ。

CR新アレジンFPLZ

抽選確率(高確率)
1/256.0(1/35)
 
時短
すべての大当たり終了後0回or100回
 
確変突入率
73.3%
 
内訳
[ヘソ入賞時]
12R確変(上4R+下8R、電サポ100回) 14.66%
実質4R確変(上、電サポなし) 29.32%
潜伏確変 29.32%
12R通常(上4R+下8R、電サポ100回) 5.34%
実質4R通常(上、電サポなし) 10.68%
突然通常(電サポなし) 10.68%
[電チュー入賞時]
12R確変(上4R+下8R、電サポ100回) 36.65%
4R確変(上、電サポ100回) 36.65%
12R通常(上4R+下8R、電サポ100回) 13.35%
4R通常(上、電サポ100回) 13.35%
 
賞球
3&2&10&15&15
 
大当り時推定出玉
12R×9C×15=1460発
4R×9C×15=490発

格言

雑誌は読まない。読むのは釘だけ。

相性

ようやっとGレーサーで久しぶりに勝った。こいつには随分酷い目に遭った。スペック的には出玉を考慮しても悪くないと思っていたのだが、何しろ打てども打てども結果が伴わない。強いて言えば初回が5ラウンド分の出玉しかないこと、STであることだが、STで確率の倍以上回せるからいい方だと思うのだが。通常引いても右打ち中なら100回は回せるわけだし。が、噴かない。確変80%なのに通常引きまくったり、STスルーしたり。確変引けば連チャン率は80%超える筈だが、これがなかなかどうして。今日も勝ったと言っても5連チャンでヤメ、2時間も打ってない。というのも、今日は手帳を持って行くのを忘れてしまい、途中からふと気づいてiPhoneのメモにメモったりはしたのだがめんどくさくて。煙草を吸った時間までメモするから。それに本日は天気がよかったので母を紅葉を見に連れて行くことにしたので。そんなわけで、時給だけは売れない風俗嬢ぐらいにはなった。

それにしてもこの機種とは相性よくないな。やはりST機は突入率100%じゃないと、ということかな。と言いながら昨日ST突入率51%の牙狼打って大敗してたりする。やれやれ。

<Gレーサー スペック>
■大当たり確率
1/315.07→1/49.12
■賞球
3&2&7&14(電チュー2個返し)
■確変突入率
80% ST100回
■平均出玉
15R:約1450個
5R:約490個
■大当たり内訳
(ヘソ)
実質5R確変:50%
実質5R潜伏確変:20%
潜伏確変:10%
実質5R通常:20%(時短なし)

(電チュー)
15R確変:80%
15R通常:20%(時短100回)

連敗阻止

今日というか日付が変わったので昨日、ようやっと連敗がストップ。やっぱり慶次。相変わらずツキはない。というか、今日はこれを穿くといつもツキがないというジンクスのあるパンツを穿いていたので覚悟の上だったが。元々ゲンを担いだりしない方なのだが、なんかこれ穿いているといつもツイてないなあというのは気になる。一度気になり始めるとああやっぱり、このパンツだからな、みたいな妙なところで納得したり。だったら業務に行くときはそのパンツを穿かなければいいようなものだが、逆にこれだからしょうがないという、最初から自分に言い訳しているようなもの。

そんなわけでかなり苦労したし、投資がかさんだ時点で負けもある程度覚悟はしたのだが、今日は珍しく朝から抑うつ状態じゃなかったのが結果的に幸いしたのか。持ち玉になってこれからというところでやはり母のことが気になって帰宅、このところずっとそんな感じで稼働時間が極端に短く、持ち玉で粘る、持ち玉比率を上げるという基本セオリーを通すことすらままならない。まさにパート。平均でも5時間打ってないので、まるでサラリーマンの退社後のパチンコと変わらない。

時給的には昨今の派遣社員ぐらいだったが、やはり連敗が止まっただけでほっとするし、気分的には楽になる。しかし、真面目な話、今の状況だとあまりにもツキに左右されてしまうのも確か。かといって投資額を極端に抑えると勝率が下がってしまうし、ホントに基本もへったくれもなくなってしまうので頭の痛いところ。